グルコサミンと痛風の関連性

ひーちゃんのグルコサミンノート

グルコサミンのサプリメントと痛風との関連性

日本国内だけでも60万人もの患者がいるといわれる「痛風」。食べ物に含まれているプリン体を過剰に摂取することで、体内で尿酸が過剰に生成され、血液中の尿酸値が高い状態が続くと起きる病気です。

脚の親指の付け根が非常に痛くなることで知られている痛風ですが、足の親指の付け根だけではなく、さまざまな関節に非常に強い痛みが現れるのが特徴です。

痛風かなと思ったら、まずは内科を受診しましょう。採血検査で尿酸値を調べれば通風はすぐに診断できます。

病院では尿酸値を下げるための尿酸降下薬や非ステロイド性の抗炎症薬を処方されます。

市販の痛み止めなどは飲むとかえって痛風が悪化する場合もありますので服用は避けたほうがいいでしょう。

痛風とはどんな病気?

痛風とグルコサミンのサプリメント


痛風は生活習慣病とも言われています。痛みが激しい場合は入院治療が必要な場合もありますが、多くの場合、処方された薬と、生活習慣や食生活を見直すことで軽減させることができます。

グルコサミンサプリメントの中には体の痛みや炎症を和らげる成分が含まれているものも多いので、痛風から起きる関節痛にも有効であるといえます。

痛風の男性

しかし、グルコサミンは治療薬ではありません。グルコサミンを服用して痛みが和らいだからといって、それだけに頼るだけでは症状は悪化してしまいます。

きちんとした治療と食生活や生活習慣の改善とともに補助的に用いるようにしましょう。