グルコサミンと骨粗しょう症の関連性について

ひーちゃんのグルコサミンノート

グルコサミンのサプリメントと骨粗しょう症の関連性

老化が原因で骨の密度が低くなり、カルシウムなどの骨に必要な成分が抜けて行ってしまって結果、骨がスカスカな状態になってもろくなり、骨折などの症状を起こしやすくなるのが骨粗しょう症です。

骨粗しょう症は女性に多い病気です。更年期や閉経などによって女性ホルモンが減少すると、骨を丈夫にしたり骨を作る働きが低くなり、骨の量が一気に減ってしまうのです。

更年期障害や閉経だけが原因になってしまうわけではありません。

過激なダイエットや栄養バランスの偏った食事などでもカルシウム不足から骨粗しょう症になる可能性もあります。体内のカルシウムが現証すると、体は不足したカルシウムを補うために骨からカルシウムを吸い取ってしまうのです。

骨粗鬆症の女性

骨粗しょう症によって起きる骨のさまざまな痛みは、骨の軟骨が磨り減ることによって起きる痛みではないので、基本的にグルコサミンのサプリメントはあまり効果がないと言われています。

しかし、グルコサミンも骨や軟骨の組織の成分の一つであることから、骨粗しょう症の予防には効果があるようです。

同じ軟骨の成分で、サプリメントにも用いられているコンドロイチンのサプリメントは、骨から流出カルシウムが流れ出し、体内のカルシウムの吸収を低下させてしまう作用を抑える働きがあります。

規則正しい食生活を送り、カルシウムをしっかり補給することが何より大切なことなのですが、コンドロイチンのサプリメントをのんで骨からのカルシウムの流出を防ぐことも必要です。

骨粗しょう症にはグルコサミンのサプリメントよりコンドロイチンのサプリメントのほうが効果があります。